横浜の新たなランドマークとなる建築に | DELIS YOKOHAMA BLDG.
SCROLL

「横浜駅西口」にデリス横浜ビルが誕生
2018年11月1日オープン

食と文化が彩りを放つ、厳選の8店舗

  • CROCIFISSO

    CROCIFISSO

  • WAGO

    WAGO

  • 九州情緒きょう介

    九州情緒きょう介

    2019年2月オープン予定

  • 地葉

    地葉

    2019年2月オープン予定

  • 虎幻庭

    虎幻庭

  • 熟成和牛焼肉AgingBeef

    熟成和牛焼肉AgingBeef

    2018年12月末オープン予定

  • plug by neolive

    plug by neolive

  • セブンイレブン

    セブンイレブン

Information

  • Tel:
    045-594-6069
    定休日
    火曜日
    住 所
    〒 221-0835神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目7-1 デリス横浜ビル7F
  • Tel:
    045-594-7721
    定休日
    日曜、祝日
    住 所
    〒 221-0835神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目7-1 デリス横浜ビル6F
  • Tel:
    045-211-8381
    定休日
    水曜日
    住 所
    〒 221-0835神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目7-1 デリス横浜ビル3F
  • Tel:
    045-322-4555
    定休日
    なし
    住 所
    〒 221-0835神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目7-1 デリス横浜ビル2F
設計

隈 研吾 氏

KENGO KUMA

1979年東京大学建築学科大学院修了。コロンビア大学客員研究員を経て、2001年より慶應義塾大学教授。2009年より東京大学教授。1997年「森舞台/登米町伝統芸能伝承館」で日本建築学会賞受賞。2002年フィンランドよりスピリット・オブ・ネイチャー国際木の建築賞受賞。2009年には、フランス芸術文化勲章オフィシエを、2016年には「持続可能な建築」世界賞 2016を受賞。2020年東京オリンピックの新国立競技場に携わる。

新国立競技場をはじめ世界的な作品の数々

東京大学大学院 情報学環
ダイワユビキタス学術研究館
©SS Tokyo

toyama キラリ
Photography by
SS

ティファニー銀座
Photography by
MASAO NISHIKAWA

アオーレ長岡
©Mitsumasa Fujitsukaf

ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム ダンディ
@ KKAA

ブサンソン芸術文化センター
© Nicolas Waltefaugle

ダリウス・ミヨー音楽院
Photography by
Roland Halbe

隈研吾
Photography by
© J.C. Carbonne

DESIGNER

KENGO
KUMA
TOPへ戻る
DELIS YOKOHAMA BUILDING

New landmark in Yokohama

世界的建築家 隈研吾氏による設計デザイン
国際都市「横浜」の新たなランドマークとなる建築に

1

世界的建築家 隈研吾 設計デザイン

「DELIS YOKOHAMA BLDG.」では、世界で活躍する隈研吾氏を建築デザインで起用。大きく飛躍するこの国際都市の玄関口にふさわしい、日本が誇る《新しい文化・食の発信拠点》の役割を担います。

3

横浜の新しいランドマークとなる
多彩な表情を纏う視認性の高いデザイン

再開発が進む横浜駅西口エリアであり、目の前までペデストリアンデッキが伸びることで、今後さらなる賑わいが予想される計画地。この地を得て、今後の再開発をリードする“横浜の新しいランドマーク“にふさわしい計画としました。

外装デザインでは、鈍く光るアルミグレーチングをモザイク状に立体的に配置。パーツを重ね合わせて全体を構成することで、威圧感を与えないヒューマンスケールで親しみやすい、かつ視認性の高い建築を目指しています。同時にアルミ素材が空・光・周辺環境の変化を映しとり、一日を通じて様々な表情を演出。夜はしっとりと輝き、店舗からの多様な光を纏い“ランドマーク“としての存在感を引き立たせます。

5

大型ディスプレイで情報発信

1Fのエントランスホールでは大型ディスプレイから情報を発信。屋外階段が、人の流れを可視化し立体的に賑わいを演出します。この建築の賑わいは、周辺エリアとの相乗効果により、たくさんの人々が訪れる横浜の中心的なエリアへと進化していきます。また、15人乗りのエレベーターを採用、混雑時でもスムースな搬送を実現します。

2

これからの横浜の中心地へと進化

“横浜の新しいランドマーク“のもう一つの役割として、ペデストリアンデッキからの人の流れを受ける「三角広場」を計画。駅からの賑わいの結節点として機能し、周辺の賑わいを増幅。都市へと開放することで、人が集まりやすい場所として賑わいを生み出し集客力を高めます。

4

食と文化の発信拠点

世界5位の乗降客数を誇る横浜駅は、その周辺にある飲食店の数が圧倒的に少ない、慢性的な供給不足エリアです。そんな課題を抱える横浜駅周辺では現在、大規模再開発が実施され、本計画「DELIS YOKOHAMA BLDG.」の隣接地でもグローバル企業とそのビジネスに携わる方々のためのホテルやサービスアパートメントなどの開発が進行中。ますます、この供給不足が加速することは必至です。

TOPへ戻る

横浜駅直結の歩行者デッキ出口前
440戸の住宅・ホテル等を備えた超高層ビルに隣接

TOPへ戻る

建物概要

名称 デリス横浜ビル
DELIS YOKOHAMA BLDG.
所 在 地 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町1丁目7-1他
竣   工 2018年11月
交   通 「横浜駅」北西口徒歩4分
構   造 S造、一部RC造
規   模 地上7階、地下1階
TOPへ戻る

おかげさまで、全フロア契約済みとなりました。

事業主・お問合せ先

株式会社デリス建築研究所

0800-100-1113|ご相談・お問い合わせは(平日9:30〜17:30)

■東京本社
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-2-3 丸の内仲通りビル7階
Tel.03-3287-2011 Fax.03-3287-2012

運営管理

株式会社相鉄ビルマネジメント

■本社
〒220-0005
横浜市西区南幸2-1-22 相鉄ムービル 6階

お問い合わせフォーム

氏名必須
ご住所必須
郵便番号
都道府県
市区町村
番地
会社名
部署名
Email必須
Email(確認用)必須
ご連絡先
その他・ご要望